chromeアプリ 「oh h1」

Chromeアプリのゲーム「oh h1」が面白いです!決められたルールに従って赤と青のパネルを配置して、すべてのマス埋めていくゲームです。一見、シンプルようだけど奥が深いパズルゲームとなっています。 今回はそんな「oh h1」の面白さとそのルールについて紹介したいと思います。

「oh h1」はChromeアプリをインストールしてプレイできますし、Webサイトからでも気軽にプレイすることができます。 

Chromeウェブストア - oh h1 

webサイト - oh h1

「oh h1」 メニュー画面

「oh h1」は3つのルールに従ってマスに赤または青のパネルを配置して、すべてマスを埋めるのが目的です。パネルを配置するにはマスを1回クリックする毎に「赤→青→なし」と切り替わります。それではさっそく、ルール説明していきたいと思います。

「oh h1」 ゲーム画面
ルール①
縦横の直線上に並べる同じ色のパネルは2つまで。

上の画像を見ると縦に青が2つパネルが置いてあります。ルール①により、この上のマスには青をまた置くことはできませんので、必然的に赤を置くしかありません。

 
ルール②
縦横の列に配置される赤と青のパネルの数は同じ。

4×4の場合は縦横の列に配置するパネルは赤2つ、青2つと同じ数にしなければいけません。なので、さっきの続きから始めると縦の列で青が2つあるので、この上の2マスはすべて赤になるということです。

「oh h1」 クリア画面

ルール③
各縦列のパネルの並び方は他の縦列と同じになってはいけない(横列も同様)。

上の画像は8×8のクリア画面ですが、同じ並びの列はひとつもありません。もし同じような並びがあった場合はパネルの配置を変えなければいけません。
4×4や6×6はこのルールを意識しなくてもクリアは可能ですが、より難しい8×8や10×10になってくると重要になってくるルールです。

「oh h1」は数独をやっているような感じに近いですが、それよりも簡単にルールが覚えられて手軽にプレイできるのが良いところ。数独と違って4×4、6×6は短い時間に気軽に遊べるし、難しい8×8、10×10じっくり時間を掛けて遊べるのがポイント。たとえ、行き詰まっても下の目のようなアイコンをクリックすればヒントを出してくれる親切設計です。

シンプルだけど奥が深いパズルゲームとなっているので、興味があればChromeアプリの「oh h1」をぜひプレイして見て下さい。

スポンサーリンク